開発ツール比較2 http://www.bobateahouseinc.com Sun, 18 Jun 2017 06:00:00 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.2.1 スマホのおすすめバッテリーは何? http://www.bobateahouseinc.com/2017/06/19/article-20170619/ http://www.bobateahouseinc.com/2017/06/19/article-20170619/#comments Sun, 18 Jun 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/bobateahouseinc-com/2017/06/19/article-20170619/ スマホのモバイルバッテリーも持ち歩く人が増えて来ました。
やっぱりスマホを持つ人が多くなっているという事もありそういう方が増えました。
スマホのモバイルバッテリーも薄型がたくさん出てきていますからそんな薄型モバイルバッテリーはどんなものがいいのでしょうか。
日頃使用をしているモバイルバッテリーが良いのはどうかって難しいものですよね。
きちんと良いものを選択できるようにモバイルバッテリーの必要な所をチェックしてみるといいですね。
容量は「5000mAh」があるとおすすめですよ。
容量は「5000mAh」あれば1回か2回の充電が可能となっているので十分です。
急な充電が必要になった場合これぐらいあれば十分だと言えますね。
長時間充電が必要となればまた違いが出てくるのですが、これぐらいあれば大丈夫でしょう。
また、最近では高速充電器なんていうものも出ていますから、モバイルバッテリーも色々と見てみるといいと思います。
よくスマホを使用するなんて方の場合「5000mAh」以上の方がもしかしたらいいかもしれませんね。
日頃スマホをどのように使用をしていくのかで違いも出てくると思います。
そんな自分にあったモバイルバッテリーを見つけたいものですね!

]]>
http://www.bobateahouseinc.com/2017/06/19/article-20170619/feed/ 0
スマホカメラはどれがいいのか? http://www.bobateahouseinc.com/2017/06/07/article-20170607/ http://www.bobateahouseinc.com/2017/06/07/article-20170607/#comments Tue, 06 Jun 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/bobateahouseinc-com/2017/06/07/article-20170607/ スマホも今はたくさんの種類が出てきていて、どのスマホカメラも性能が良くなっています。
そんなスマホカメラは何が良いのかと分からない方もいます。
スマホカメラはどれが一番良いものなのか見てみました。
スマホカメラで注目されているのは「ファーウェイ Mate S CRR-L09-MC」です。
こちらのスマホカメラはすごいと言われています。
写真を本格的に楽しみたい方におすすめのスマホです。
シャッタースピードも自動で調整ができるようになって、色合いなども綺麗に撮影ができるようになっているのです。
スマホカメラにこだわりたいという方にはおすすめです。
後は「iPhone7 plus 」も注目したいスマホの1つですね。
「iPhone7 plus 」は、望遠レンズと広角レンズがついているため、ズーム撮影だって綺麗にできるようになっています。
今までのスマホカメラはズームをするとぼやけていたりしたのですが、そんな悩みだって解消されるスマホになっています。
もう本当に一眼なんて不要だと思えるようなスマホカメラだと思います。
耐水となっているため、水の心配なく夏の時期などはプールなどの撮影をするのにもいいスマホとなっていますね。

]]>
http://www.bobateahouseinc.com/2017/06/07/article-20170607/feed/ 0
スマホカメラを使って綺麗な写真を http://www.bobateahouseinc.com/2017/05/20/article-20170520/ http://www.bobateahouseinc.com/2017/05/20/article-20170520/#comments Fri, 19 May 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/bobateahouseinc-com/2017/05/20/article-20170520/ 今の時代はスマホカメラを使うのが普通になりました。
どこでも好きな時にスマホカメラを使って好きなものを撮影できるようになっています。
そんなスマホカメラもビジネスで利用されるような事も多くなりました。
スマホカメラもかなり性能がよくなっており、カメラがなくてもスマホカメラで良い写真撮影だって可能になっています。
そんなスマホカメラを使ってビジネスに活用をする時代にもなりました。
スマホカメラの写真をSNSなどでアップをするようになっています。
今ではネットで写真が普通になってきましたね。
そんなスマホカメラを使って良写真を撮影できるようにと頑張っている方もいるでしょう。
スマホカメラも上手に使用ができるようになれば、やっぱりプロのような写真を撮影する事だって可能になります。
なので、しっかりと写真撮影ができるようにと頑張るのもいいかもしれませんね。
スマホカメラの講座なんかもありますからそういうので勉強をするのもいいですね。
そうすればこれからスマホカメラを撮影する幅が広がりそうです。
スマホカメラだって機能をしっかりと使用できていない方もたくさんいます。
スマホカメラにも機能が付いていますからそれを活用して綺麗な写真を撮影してみるのもいいですよ。

]]>
http://www.bobateahouseinc.com/2017/05/20/article-20170520/feed/ 0
ソニーの4Kスマホ「Xperia XZ Premium」のカメラがすごすぎる http://www.bobateahouseinc.com/2017/04/29/article-20170429/ http://www.bobateahouseinc.com/2017/04/29/article-20170429/#comments Fri, 28 Apr 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/bobateahouseinc-com/2017/04/29/article-20170429/ ソニーモバイルがMWC 2017で発表したXperiaシリーズの最新モデル「Xperia XZ Premium」と「Xperia XZs」。両モデルの前機種からの最大のアップデートポイントは“Motion Eye”と呼ばれる新型センサーを搭載したカメラ機能です。搭載されるセンサーは「Exmor RS for Mobile」の最新版で、DRAMを積層した3層構造CMOSイメージセンサーです。これまでのCMOSセンサーは回路の上に画素が乗っている構造でしたが、今回の新センサーは画素と回路の間にDRAMを挟んだサンドイッチ構造になっています。これによって、画素が取り込んだデータをセンサー上にバッファーして、アプリケーションプロセッサー(APU)に送ることができます。解像度は約1900万画素。前モデルの「Xperia XZ」が約2300万画素なので劣っているような感じはしますが、これは画素ピッチを拡大したことによるものです。その結果、より明暗の差を出せるようになっており、夜景などでもクッキリとした写真に仕上げられます。Xperiaのカメラ機能というと、モデルチェンジごとに「高画質化」などを謳ってきましたが、ここ最近は進化が細かすぎて実感として伝わりにくかった印象があります。さらに画素数による高画質化に注力していて、「ライバルはデジカメ」というような感じがします。今回のXperia XZ PremiumとXperia XZsが搭載した“Motion Eye”は、デジカメでは撮影できないような「楽しい撮影」ができるようになっています。単純にキレイな写真を撮りたいなら高級なデジカメを買えば良いわけで、スマホならスマホでしか撮れない、スマホならではの写真を撮って楽しみたいものです。

]]>
http://www.bobateahouseinc.com/2017/04/29/article-20170429/feed/ 0
ドコモのおすすめスマホ「V20 PRO L-01J」の特徴 http://www.bobateahouseinc.com/2017/04/22/article-20170422/ http://www.bobateahouseinc.com/2017/04/22/article-20170422/#comments Fri, 21 Apr 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/bobateahouseinc-com/2017/04/22/article-20170422/ ドコモのスマホには様々な種類がありますが、その中の一つに「V20 PRO L-01J」というスマホがあります。
このスマホはドコモのおすすめスマホとして注目されており、様々な特徴があります。
その特徴とは搭載されているカメラや音質にあります。
カメラは約510万画素のインカメラとアウトカメラはデュアルカメラが搭載されています。
アウトカメラは約1620万画素と約820万画素のデュアルカメラとなっており、様々なアングルでの撮影が可能になります。
また、インカメラは120度まで撮影できる広角インカメラを搭載していますので、大人数での撮影や自撮りが簡単にできます。
それに、レーザーオートフォーカスやデュアルフラッシュ、手ぶれ補正やマニュアルモードなども付いていますので、誰でも美しい写真を簡単に撮影して楽しむことができるでしょう。
音質は「Quad-DAC」という機能を搭載していますので、最高クラスの音質で音楽を楽しむことができます。
また、どんなイヤホンでも原音に近い音を再現できるのも良いと思います。
この他には約5.2インチの大型ディスプレイを搭載していることや2,900mAhの大容量バッテリーを採用していることなどが特徴となります。
こうしたドコモのおすすめスマホは1度で良いから使用してみたくなりますね。

]]>
http://www.bobateahouseinc.com/2017/04/22/article-20170422/feed/ 0
auのスマホがお得も持てます! http://www.bobateahouseinc.com/2017/04/16/article-20170416/ http://www.bobateahouseinc.com/2017/04/16/article-20170416/#comments Sat, 15 Apr 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/bobateahouseinc-com/2017/04/16/article-20170416/ auスマホも色々なプランが登場してきましたね。
そんなプランなのですが、「auスマホはじめるプログラム」が注目されています。
「auスマホはじめるプログラム」では、なんと月額2980円でスマホが利用できるようになっています。
月額2980円の料金の中には、5分間までであれば無料通話ができるものとなっています。
1GBのデータ量も付いているようになります。
これからスマホを始めてみようという方にぴったりのプランだなといった感じですね。
スマホも持つことで料金を負担に感じたりしますよね。
しかし、こういった料金プランを見るとちょっとスマホを持ってみようという気になります。
auスマホでは、割引の期間が最大で3年も利用ができるようなっています。
大体が今まではサービスの割引は2年でなくなっていたりしていましたね。
でも、それこが変わっていてお得に使用ができるようになっているようですよ。
最近では学割なんかもスタートした事から、学生の方だってスマホを持つ機会が増えてきています。
これから本当にスマホを持つ方は増えるいっぽうなのかなと感じていますよ。
長期の割引が利用できるのもいいチャンスかもしれませんね!

]]>
http://www.bobateahouseinc.com/2017/04/16/article-20170416/feed/ 0
“タブレットで手書きメモしたい!! シリコンゴム・ドーム型 “ http://www.bobateahouseinc.com/2017/04/05/article-20170405/ http://www.bobateahouseinc.com/2017/04/05/article-20170405/#comments Tue, 04 Apr 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/bobateahouseinc-com/2017/04/05/article-20170405/ 安価に購入できるのが最大のメリットと言えます。タッチペン全般に言えることなのですが「画面を指紋で汚したくない」「手袋をはめたまま操作がしたい」ぐらいの目的ならコレで必要十分なのです。このタイプのデメリットは「ゴムが劣化・破損しやすい」のと「文字を書く・ピンポイントでタッチするなど細かい作業には向いていない」といったところです。安価なので買い替えは簡単なのですが、細かい作業については、ペン先のゴムがある程度の大きさがないと反応が悪くなるので、これはやむを得ないところでしょう。手早くササッっと書こうと思うと線が途切れがちになります。画面に当たる面積を意識してある程度押し付ける様にしないといけません。ただし、そうなるとゴム製であるため、滑り具合が気になってしまいます。このタイプは中が空洞のため押した時潰れてしまうのですが、このように頻繁に変形してしまうところが耐久性の問題に繋がっています。このタイプは100均などでも売られていますから、調子が悪くなったら使い捨てみたいな使い方もできるのがメリットといえます。それでも、やはり使い慣れたものがよければそれなりの値段のものを使いたくなりますね。安価なのがメリットなので、機能的にはそれほど期待しないほうがいいかもしれません。

]]>
http://www.bobateahouseinc.com/2017/04/05/article-20170405/feed/ 0
バランスよくまとまったモトローラ「Moto G(三世代)」 http://www.bobateahouseinc.com/2017/03/29/article-20170329/ http://www.bobateahouseinc.com/2017/03/29/article-20170329/#comments Tue, 28 Mar 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/bobateahouseinc-com/2017/03/29/article-20170329/ 基本動作性能はミドルスペックです。SoCにはQualcomm社のSnapdragon410、メモリは2GB、5型のHD(1280×720)液晶を搭載していて、バランスは非常によくまとまっています。メインカメラが1,300万画素、インカメラは自撮りトレンドの500万画素カメラを搭載し、2015年のスマートフォンとしては標準的ですが不足する事は無いでしょう。最新のAndroid 6.0 Marshmallowは現在Googleスマホの「Nexus」シリーズで先行的にアップデートされていますが、Moto Gも2016年1月にAndroid 6.0 Marshmallowにアップデートしました。出荷時はAndroid5.1.1ですので、OSのアップデート前と後の違いを実感できるでしょう。OSのアップデートでは様々な機能追加や改善などが盛り込まれるので、ソフト面でもなかなか楽しめます。ディスプレイに5インチのHD液晶を搭載し、最大32GBまでのmicroSDHCに対応しています。背面の形状がラウンドフォルムとなっていて、5インチサイズのスマートフォンでも持ちやすい工夫がされています。SIMカードサイズはmicroSIMで、LTE対応SIMスロットが2つあり、防水性能はIPX7となっています。機能は多くありませんが、その代わりに最新のAndroidOSのAndroid 6.0 Marshmallowに対応していて、シンプルで軽快な動作が可能です。無駄な機能を省きたい人におすすめの防水スマホです。

]]>
http://www.bobateahouseinc.com/2017/03/29/article-20170329/feed/ 0
“デュアルカメラとハイレゾDAC搭載「V20 PRO L-01J」 “ http://www.bobateahouseinc.com/2017/03/04/article-20170304/ http://www.bobateahouseinc.com/2017/03/04/article-20170304/#comments Fri, 03 Mar 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/bobateahouseinc-com/2017/03/04/article-20170304/ NTTドコモは、超広角撮影に対応したデュアルカメラやハイレゾ対応DACを搭載したLG Electronics製のスマートフォン「V20 PRO L-01J」を2017年2月に発売します。価格は一括価格が8万4000円程度で、実質価格はMNP時に2万円台半ば、機種変更時に4万円程度となる見込みです。用途としては主にビジネス向けとなるスマホです。「V20 PRO L-01J」は、広角撮影に対応したデュアルカメラやハイレゾ対応DACの搭載が特徴のスマートフォンで、今冬のラインナップではもっともハイスペックなモデルのひとつとなり、Android 7.0を搭載して発売されます。グローバルで発表済みのLG V20をベースモデルとしますが、ディスプレイサイズが異なるなど、細かい仕様は日本独自となっています。各仕様はauから発売される「isai Beat LGV34」に近いということです。デュアルカメラは、F1.8の1620万画素カメラと、超広角135度でF2.4の820万画素カメラの2つを搭載。用途に応じてカメラを切り替えて使い分ける。インカメラも120度まで撮影できる広角仕様の500万画素カメラとなっています。カメラアプリはマニュアル撮影機能が充実していて、ホワイトバランスやフォーカス、シャッタースピード、ISO感度などを手動で調整可能で、三脚などで固定すればスローシャッターでの撮影もできます。動画撮影時もマニュアル撮影が可能で、動画も電子手ぶれ補正をサポートしています。

]]>
http://www.bobateahouseinc.com/2017/03/04/article-20170304/feed/ 0
ドコモスマホで割引が使えるように http://www.bobateahouseinc.com/2017/02/24/article-20170224/ http://www.bobateahouseinc.com/2017/02/24/article-20170224/#comments Thu, 23 Feb 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/bobateahouseinc-com/2017/02/24/article-20170224/ ドコモスマホでは、スマホ料金の1000円の値下げを発表したようです。
こちらの値下げは60歳以上が対象になっているのですが、携帯を持っている方がスマホへ使いやすいようにと始めたサービスのようです。
今では、年配の方でもスマホを持つようになってきています。
年配の方も月額負担になるような事を考えると、こういった割引が嬉しいですね。
スマホも、使用すれば月額負担がかかってきてしまいます。
なので、割引が少しでもあれば、スマホを使用しやすくなってきます。
ドコモは少し料金が私の中で高いようなイメージがあるのですが、1000円もの割引が受けれるようになれればすごいですね。
今は、年齢が高くても使えるようなスマホが続々登場してきています。
なので、これをきっかけにスマホに切り替えてみるのもいいかもしれません。
スマホを持つことでやっぱり便利に使えるものなどはたくさんあります。
遠くに住む家族なんかとも連絡だって取りやすくなってきますから、年配の方にもたくさん使用をしてもらいたいです。
災害なんかの時も、やっぱりスマホがあれば助かるようなこともたくさんありますよ。
これからおじいちゃんおばあちゃんがスマホをどんどん持つ時代になりそうですね。

]]>
http://www.bobateahouseinc.com/2017/02/24/article-20170224/feed/ 0