インターコム(松原由高社長)は9月14日、情報漏えい対策+IT資産管理システム「MaLionシリーズ」が、BizMobile(小畑至弘社長)が提供するクラウド型MDMサービス「BizMobile Go!」との連携に対応したと発表しました。連携に対応する最新(Ver.5.3.4)のオンプレミス版「MaLion 5」を9月10日に、クラウド版「MaLionCloud」を11月に提供を開始します。今回の連携により、BizMobile Go!が収集したスマートデバイスの資産情報をMaLionの管理サーバーに集約することが可能となったのです。これによってシステム管理者は、PC、プリンター、NASなどMaLionが直接管理するIT機器のインベントリ情報に加えて、スマートフォンやタブレットといったモバイル機器のインベントリ情報についてもMaLionの画面上から一元管理できるとのことです。またMaLion、Biz、Mobile Go!はともにリモートロック(遠隔操作による画面ロック)機能に対応しています。

Post tags:

離れた場所にあるパソコンでトラブルが起きた場合、現地に行って解決するのは時間や手間がかかって大変です。
そんな時に便利なのが遠隔サポートで、どれだけ離れていてもインターネットさえ繋がっていれば素早くトラブルを解決することができます。
その遠隔サポートを行っているのがオーシャンブリッジで、最新版の遠隔サポートソフトウェアの提供を始めました。
最新版の遠隔サポートソフトウェアでは在宅勤務やテレワークなどの働き方改革に対応する機能が強化されていますし、2段階認証ログインなどのセキュリティ機能も強化されています。
2段階認証ログインは通常のログインパスワードの入力に加えてセキュリティコードの入力が必要となります。
ですので、なりすましなどのアカウント不正使用を防ぐことができるため安心して遠隔サポートを利用することができます。
また、接続を開始した時に接続先端末のディスプレイに黒幕を張って見えなくするブラックスクリーン機能も付いています。画面共有

Post tags:

文部科学省は2018年7月13日、2017年度「文部科学白書」の概要を公表しました。「学校における働き方改革」「教育再生の着実な推進」などを特集しています。刊行予定は2018年7月下旬ということです。文部科学省では、教育、科学技術・学術、スポーツ、文化芸術における施策を広く国民に紹介するため、文部科学白書を毎年刊行しています。文部科学白書は2部構成となっていて、第1部は、特集1「社会的・経済的価値をはぐくむ文化政策の展開」、特集2「学校における働き方改革」、「教育再生の着実な推進」の3つのテーマを取り上げています。第1部特集2「学校における働き方改革」では、教員勤務実態調査の速報値の結果などを示しながら、中央教育審議会の検討状況やそれを踏まえた文部科学省の取組みについて紹介しています。岡山県の「働き方改革プランの策定」や千葉県の「小学校学級事務支援員の配置」など先進的な地方公共団体での取組みも紹介しているのです。2017度「文部科学白書」は2018年7月下旬に刊行予定で、現在、文部科学省Webサイトに概要がPDF形式で公開されています。Web会議料金プラン

Post tags:

インターネットが普及した現代では色々なことが便利になりましたのでプライベートだけではなくビジネスでも役立っていることがたくさんあります。
そのインターネットを利用したサポートサービスの一つに遠隔サポートがあります。
この遠隔サポートはリモートアクセスという便利なことも可能にしており、仕事での移動中や自宅勤務などの様々なシーンで活躍しています。
しかし、遠隔サポートを利用するときに気を付けておかなければいけないことがあり、それは情報漏洩や不正アクセスなどを防ぐセキュリティ対策です。
遠隔サポートを利用するときのセキュリティ対策は通信の暗号化によって行うことができ、暗号化通信が可能なリモートアクセス機能を使用すると良いでしょう。
このセキュリティが整ったリモートアクセス機能はパソコンやスマートフォン、タブレット端末などでも利用することができます。
これから遠隔サポートを利用する人はセキュリティ対策は万全にしておきましょう。

Post tags:

株式会社日立製作所は11日、個々人に合わせた働き方改革を支援するクラウドサービス「ハピネスプラネット(ベータ版)」を開発したと発表しました。このサービスでは、まず、スマートフォンのアプリケーション上で、働く人が自身の個性や状況に合わせた働き方の目標(働き方チャレンジ)を毎朝登録するというものです。アプリ上には、100個異常の目標が選択肢として提示され、その中から自らが目標を選ぶことによって、その日の業務に対して主体的に取り組めるようにするということです。また、スマートフォンの加速度センサーの情報から、その効果を組織活性度としてフィードバックする仕組みにより、日ごとの働き方チャレンジの効果を定量的に把握できるとのことです。このサービスの公開実証実験として、2018年8月~9月にオープンな競技会「ハピネスプラネット/働き方フェス」を開催します。ハピネス度を指標としてほかの参加チームと競うことで、個々人がより積極的に働き方改革に取り組み、職場の活性度向上に貢献できるとしています。
リモートサポートとは

Post tags:

今年11月上旬に発売予定の最先端スマートフォン、iPhoneX。
いろいろな新機能が搭載されていますが、何よりも気になるのがFaceID(顔認証)ですね!
さて、どのような機能でどんな風に使えるのでしょうか?
iPhoneXに搭載されたTrueDepth カメラは、3万以上もの見えないドットを顔に照射してマップを作成し、それを認証キーとして使用する最先端技術。
今までとは違い、iPhoneXを自身の顔に向けるだけでiPhoneのロック解除ができるのです!
また、Apple Payの支払いや、アプリの購入時にもFaceIDで本人認証をします。
たくさんのパスワードを管理しなくてはいけない今の世の中、顔がパスワードになるのは管理の手間が省けてとても助かりますね!
誤認証の確率は100万分の1。指紋認証は50万分の1ですので、その精度の高さが伺えます。
新しいiPhoneXは未来に向けての一歩!
最先端技術を体験したい方は絶対に手に入れたい一台ではないでしょうか。

Post tags:

26.01.18

「arp AS01M」のスペック

POSTED BY: admin

ボディにアルミフレームを採用することでシンプルなデザインを実現させており、更に背面にはスリッドデザインが採用されていて高級感を演出させているスマホが「arp AS01M」です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約72ミリ、高さ約144ミリ、厚さ約7.6ミリ、重さ約130gという薄型軽量コンパクトボディを採用しており、カラーバリエーションはホワイトが用意されています。
ディスプレイは約5インチ解像度1280×720液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは連続通話時間約250時間も可能となる3,150mAh大容量バッテリーを搭載しています。
CPUはMT6735Pクアッドコア1.0GHzを搭載していてRAMが3GBになっています。
ストレージは16GBで128GBまで増やすことができます。
カメラは約800万画素のメインカメラと約200万画素のサブカメラが搭載されており、オートフォーカスやLEDフラッシュなどを利用することができます。
この他にはFMラジオを使用することができますし、海外に行っても便利なダブルSIM仕様になっています。

Post tags:

ASUS JAPANは、SIMロックフリースマートフォン「ZenFone 4 Max(ZC520KL)」を12月8日に発売しました。価格は2万4800円(税別、以下同)となっています。カラーはネイビーブラック、サンライトゴールド、ローズピンクの3色です。ディスプレイは5.2型のHD(720×1280ピクセル)液晶を搭載しています。バッテリー容量は4100mAhで、付属のOTGケーブルを使うことで、ZenFone 4 Maxをモバイルバッテリーとして活用できるとのことです。この「リバースチャージ機能」は、ZenFone 3 Maxより約2倍速く給電できるようになります。アウトカメラには有効約1300万画素のメインカメラと、約2倍のワイド撮影ができる120度の広角レンズカメラ(有効約500万画素)を搭載し、ワンタッチで2つのカメラを切り替えられることができます。ZenFone 4シリーズとしては初めて3つのカードスロットを搭載しているのが特徴です。

Post tags:

13.01.18

「DOOGEE Y6C」のスペック

POSTED BY: admin

シャープ製の高解像度IPS液晶ディスプレイを搭載していて、更にはソニー製の高性能カメラを採用しているスマホが「DOOGEE Y6C」です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約77ミリ、高さ約154ミリ、厚さ約8.5ミリ、重さ約196gになっていて、カラーバリエーションはブラック、ブルー、ゴールド、シルバーの4色が用意されています。
デザイン的特徴は曲面カーブデザインやユニボディ構造になっていることです。
また、アルミニウムのメタル素材を採用していますので、手触りの良さと握りやすさを実現させています。
ディスプレイはシャープ製の約5.5インチ高解像度IPS液晶ディスプレイで、液晶表面には2.5D曲面ガラスが採用されています。
CPUはMediaTek MTK6737クアッドコア1.3GHzを搭載していてRAMが2GBになっており、バッテリーは3,200mAh大容量バッテリーを搭載しています。
カメラは約800万画素のメインカメラとサブカメラを採用しており、素早く撮影できるソニー製の像面位相差オートフォーカスが付いています。

Post tags:

24.12.17

「Nokia 8」のスペック

POSTED BY: admin

高品質な写真が撮影できる高性能カメラを搭載しているスマホが「Nokia 8」です。
ハイスペックスマホというだけのことはあって誰でも簡単に美しい写真が撮れるようになっています。
背面のカメラは1,300万画素デュアルカメラでライカと同じくらいの画質で撮影できるレンズを搭載しています。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約73ミリ、高さ約151ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さ約160gになっています。
CPUはクアルコムの最先端高性能CPUスナップドラゴン835オタクコアを搭載しています。
ディスプレイはゴリラガラスを採用した約5.3インチ高解像度IPS液晶ディスプレイを搭載しており、鮮やかで美しい2Kレベルで様々なことを楽しむことができます。
バッテリーは3,090mAh大容量バッテリーを搭載しています。
カメラは約1,300万画素デュアルカメラを背面に、約1,300万画素のフロントカメラを搭載していて、デュアルトーンLEDフラッシュやタッチフォーカス、顔認識やパノラマなどの機能が付いています。

Post tags:
Newer Posts »