少子高齢化や人口減を背景に仕事の現場ではロボットの導入が加速度的に進んでいます。日本は産業用ロボット大国で、その場は主に自動車工場だったのです。しかし人手不足に悩むさまざまな分野でもロボット版“働き方改革”が広がっています。「公園で運動会やってるよ。見に行こうか」。新生児大のロボットが90代の高齢女性に抱っこされ話しかけたのです。兵庫県尼崎市内の特別養護老人ホーム「ゆめパラティース」のフロアで、女性は満面の笑みを浮かべました。ロボはアンドロイド研究で知られる大阪大の石黒浩教授が開発しました。接する人が自分のイメージを膨らませやすいよう目や口の造形は最低限にとどめています。高齢者の心のケアを図るため、離れた場にいる人が操作し内蔵マイクで会話するのです。同ホームでは今春に一体を初導入しました。利用者の表情が明るくなるなど効果が出ているということです。介護人材が不足する中で、職員のコミュニケーション向上にも役立つことからロボットを増やす予定だということです。

Post tags:

自宅に荷物を届けてくれる宅配便は便利です。近頃はネットで買い物をする人が多くなってきたので、宅配ドライバー不足や段ボールごみ増加など様々な問題が浮き彫りになってきています。そこで今回は、問題解決のために考えられた新しい宅配サービスについて見ていきましょう。9月26日に放送された「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京系)では、ネスレ日本と佐川急便が共同で開始する宅配サービス「マチエコ便」を特集していました。「マチエコ便」とは、地域の活性化を目指すサービスです。どんな仕組みかというと、まず佐川急便が“エコハブ”と呼ばれるサービス拠点まで商品を運搬します。注文した人はエコハブの人に家まで運んでもらうか、直接取りに行くかを選択します。また取りに行く場合は、商品代金から5%の割り引きを受けられる特典もあるのです。ちなみにエコハブは、ネスレと契約した個人宅や商店主です。サービス拠点を担うことでネスレ側からは手数料が支払われます。近所づきあいの延長線にあるような宅配サービスなので、地域コミュニティにも良い影響を与えてくれるかもしれません。web会議 システム

Post tags:

18.11.18

ドコモ、5G展開重視の理由

POSTED BY: admin

日本では、2020年に5Gがスタートします。しかし、現状では、4Gでのネットワークでも快適に使えるだけに、ユーザーとしてみれば、あえて新しい技術を入れる必要はないのではないかとも思えるのです。それでは、なぜドコモは5Gの推進に熱心なのでしょうか。ドコモの太口努5G事業推進室長は「確かに4Gでも高速通信ができるが、5Gに投資し、ネットワークを整備したほうが、効率が一気に上がってくる」と語ります。これからもスマホなどのデータ通信容量が飛躍的に向上していくなかで、5Gに初期投資がかかるものの、長い目で見れば5Gでネットワークを構築したほうが、将来的には効率よく需要をさばけるようになるというわけです。ただ、5Gネットワークを構築したところで「どのように活用すべきか」という課題もあります。スマホを使う程度であれば、4Gのネットワークで充分だという見方ができるからです。その点について、太口氏は「5Gネットワークの基盤づくりが重要だが、受け皿だけを用意しても仕方がない。自動運転や遠隔医療などのアイデアが出てきてるが、そうした新しい価値やソリューションがなくてはいけない。」といっています。web会議 費用

Post tags:

マーケティングオートメーションツールのHubSpot(ハブスポット)はインバウンドマーケティングのソフトウェアプラットフォームで、インバウンドマーケティングに必要な様々な機能を全て揃えているオールインワンのマーケティングオートメーションツールです。
このマーケティングオートメーションツールは世界各国で多くの企業に利用されており、分析ツールや広告管理ツールと統合させて使用することもできます。
また、ソーシャルメディアやCRMシステムなどとの連携も可能となっています。
主な機能は、ブログ、SEO、ソーシャルメディア、サイト構築、リード管理、ランディングページ、マーケティングオートメーション、Eメール、分析、CRMシステムとの連携などです。
機能にあるリード管理やEメールの管理、ブログを構築することを使用することでインバウンドマーケティングを積極的に展開することも可能です。
このようなマーケティングオートメーションツールを導入することによって顧客との関係を良好にして顧客定着率を向上させることができますので今後も注目しておきたいツールです。

Post tags:

今年8月、防衛装備庁の助成制度に研究課題が採択された大分大学に市民から軍事的目的への利用を懸念する声が上がっています。北野正剛学長は「軍事目的の研究には関わらない」とし、事前の審査やガイドライン作成などを検討するとしました。「大分大学として軍事目的の研究には関わらないということを申し上げたい。これに関しては、医療安全、更には人類の福祉に貢献すると考えているので、これは軍事研究には当たらない。」25日に開かれた定例会見で、北野学長が大学としての考え方について言及しました。 研究内容は遠隔操作で動く医療用ロボットが触れた感触を、操作する医師にも感じさせることが出来る触覚センサーの開発です。理工学部の准教授が申請しました。これに対し、市民団体が「軍事目的の研究に加担することになる」とし、今月21日に申請段階での審査体制などに関する質問状を学長宛てで提出していたのです。大学は今後、助成制度への申請に関するガイドライン作成や事前に審査する体制の構築などを検討するとし、日本国憲法の「学問の自由」にのっとる医療福祉への貢献を目的に、助成を受ける方針です。

Post tags:

インターコム(松原由高社長)は9月14日、情報漏えい対策+IT資産管理システム「MaLionシリーズ」が、BizMobile(小畑至弘社長)が提供するクラウド型MDMサービス「BizMobile Go!」との連携に対応したと発表しました。連携に対応する最新(Ver.5.3.4)のオンプレミス版「MaLion 5」を9月10日に、クラウド版「MaLionCloud」を11月に提供を開始します。今回の連携により、BizMobile Go!が収集したスマートデバイスの資産情報をMaLionの管理サーバーに集約することが可能となったのです。これによってシステム管理者は、PC、プリンター、NASなどMaLionが直接管理するIT機器のインベントリ情報に加えて、スマートフォンやタブレットといったモバイル機器のインベントリ情報についてもMaLionの画面上から一元管理できるとのことです。またMaLion、Biz、Mobile Go!はともにリモートロック(遠隔操作による画面ロック)機能に対応しています。

Post tags:

離れた場所にあるパソコンでトラブルが起きた場合、現地に行って解決するのは時間や手間がかかって大変です。
そんな時に便利なのが遠隔サポートで、どれだけ離れていてもインターネットさえ繋がっていれば素早くトラブルを解決することができます。
その遠隔サポートを行っているのがオーシャンブリッジで、最新版の遠隔サポートソフトウェアの提供を始めました。
最新版の遠隔サポートソフトウェアでは在宅勤務やテレワークなどの働き方改革に対応する機能が強化されていますし、2段階認証ログインなどのセキュリティ機能も強化されています。
2段階認証ログインは通常のログインパスワードの入力に加えてセキュリティコードの入力が必要となります。
ですので、なりすましなどのアカウント不正使用を防ぐことができるため安心して遠隔サポートを利用することができます。
また、接続を開始した時に接続先端末のディスプレイに黒幕を張って見えなくするブラックスクリーン機能も付いています。画面共有

Post tags:

文部科学省は2018年7月13日、2017年度「文部科学白書」の概要を公表しました。「学校における働き方改革」「教育再生の着実な推進」などを特集しています。刊行予定は2018年7月下旬ということです。文部科学省では、教育、科学技術・学術、スポーツ、文化芸術における施策を広く国民に紹介するため、文部科学白書を毎年刊行しています。文部科学白書は2部構成となっていて、第1部は、特集1「社会的・経済的価値をはぐくむ文化政策の展開」、特集2「学校における働き方改革」、「教育再生の着実な推進」の3つのテーマを取り上げています。第1部特集2「学校における働き方改革」では、教員勤務実態調査の速報値の結果などを示しながら、中央教育審議会の検討状況やそれを踏まえた文部科学省の取組みについて紹介しています。岡山県の「働き方改革プランの策定」や千葉県の「小学校学級事務支援員の配置」など先進的な地方公共団体での取組みも紹介しているのです。2017度「文部科学白書」は2018年7月下旬に刊行予定で、現在、文部科学省Webサイトに概要がPDF形式で公開されています。Web会議料金プラン

Post tags:

インターネットが普及した現代では色々なことが便利になりましたのでプライベートだけではなくビジネスでも役立っていることがたくさんあります。
そのインターネットを利用したサポートサービスの一つに遠隔サポートがあります。
この遠隔サポートはリモートアクセスという便利なことも可能にしており、仕事での移動中や自宅勤務などの様々なシーンで活躍しています。
しかし、遠隔サポートを利用するときに気を付けておかなければいけないことがあり、それは情報漏洩や不正アクセスなどを防ぐセキュリティ対策です。
遠隔サポートを利用するときのセキュリティ対策は通信の暗号化によって行うことができ、暗号化通信が可能なリモートアクセス機能を使用すると良いでしょう。
このセキュリティが整ったリモートアクセス機能はパソコンやスマートフォン、タブレット端末などでも利用することができます。
これから遠隔サポートを利用する人はセキュリティ対策は万全にしておきましょう。

Post tags:

株式会社日立製作所は11日、個々人に合わせた働き方改革を支援するクラウドサービス「ハピネスプラネット(ベータ版)」を開発したと発表しました。このサービスでは、まず、スマートフォンのアプリケーション上で、働く人が自身の個性や状況に合わせた働き方の目標(働き方チャレンジ)を毎朝登録するというものです。アプリ上には、100個異常の目標が選択肢として提示され、その中から自らが目標を選ぶことによって、その日の業務に対して主体的に取り組めるようにするということです。また、スマートフォンの加速度センサーの情報から、その効果を組織活性度としてフィードバックする仕組みにより、日ごとの働き方チャレンジの効果を定量的に把握できるとのことです。このサービスの公開実証実験として、2018年8月~9月にオープンな競技会「ハピネスプラネット/働き方フェス」を開催します。ハピネス度を指標としてほかの参加チームと競うことで、個々人がより積極的に働き方改革に取り組み、職場の活性度向上に貢献できるとしています。
リモートサポートとは

Post tags:
Newer Posts »