スマホを使用している人でセキュリティ対策を行っていない人はいませんか?
ウィルス感染してからでは手遅れになりますし、盗難被害に遭って多額の被害を受ける可能性もありますので、今すぐにでもセキュリティ対策を行ってください。
そのセキュリティ対策で今すぐ簡単にできるのはSIMカードロックです。
SIMカードロックとは使用しているスマホに差し込まれているSIMカードの情報を守ることができます。
方法は設定のユーザー設定からセキュリティにいき、SIMカードロック設定をタップして設定するだけです。
こうしたセキュリティ対策を行うと個人情報を他人に悪用されることを防ぐことができます。
それと、SIMカードは取り出して他のスマホに入れ替えるだけでインターネットに接続できてしまいます。
ですので、紛失や盗難でSIMカードを差し替えられて悪用されるから利用してみてください。
これだけでもセキュリティ対策になりますので、何も対策を行っていない人は試してみると良いでしょう。

Post tags:

ソシオネクストは、イメージシグナルプロセッサー「Milbeaut」シリーズを活用した 360度全天球カメラ向けソリューションの提供を開始しました。4K画像のリアルタイムスティッチングが可能な高性能プロセッサー「SC2000」をベースにしたプロシューマー向けと、IoTカメラ用の「MBG967」をベースしたコンシューマ向けの2種類をラインナップします。SC2000は、高速なデータ処理が要求される高性能カメラをターゲットに開発したプロセッサーで、ソシオネクスト独自のアルゴリズムによりTypical動作時で2W以下という低消費電力を実現しています。最大4つのカメラを接続可能で、それぞれの動画をリアルタイムでつなぎあわせて合成するスティッチング処理により、最大4K/30fps出力に対応します。SC2000をベースに構成した360度全天球カメラは、ハイエンドのアクションカメラやドローン、ビデオ会議システムや劇場・スポーツ観戦などで全天球映像を提供するということです。コンシューマー向けのMBG967は、VR(バーチャルリアリティー)映像のストリーミングなど、360 度映像をモバイル環境でリアルタイムに撮影するニーズを想定しています。CypressとImmerVisionと協力し、スマートフォンなどの携帯機器に接続して利用するアタッチメントカメラを実現します。

Post tags:

DisplayPort 1.4は、4K/8K映像やハイダイナミックレンジ(HDR)信号などに対応する、DisplayPort(DP)規格の最新版です。従来のDP 1.2の技術をベースに、今までのDisplayPort端子ではなくUSB Type-Cから映像/音声を出力する「DP Alt Mode」、帯域幅を拡張する「HBR3」(ハイビットレート3)をサポートします。総帯域幅は32.4Gbps(8.1Gbps×4レーン)で、従来のHBR2から50%拡大するのです。5K×3K(60Hz/4:4:4)や8K×4K(60Hz/4:2:0)の映像伝送を可能とし、転送レートは25.92Gbpsです。HBR3のサポートに加え、映像圧縮技術のDisplay Stream Compression(DSC)を活用することで、USB Type-Cからの8K/60Hzや4K/120HzのHDR映像の伝送にも対応可能となっています。VESAでは、DP 1.4のHBR3を使った映像ソースや、ディスプレイの開発において「早期認定プログラム」を提供。DP1.4でサポートする機能や性能の適合性を確認し、互換性確保を目指すもので、’16年にプラグテストイベントを3回実施します。’17年は米国で3月に実施済みで、次回は6月26日に台湾で行っています。DP 1.4のコンプライアンステスト仕様(CTS)は現在開発中で、これにはHBR3やDSCなどの検証、リンクレイヤーや物理層の試験に関するドキュメントのアップデートが含まれ、’17年後半の発行を目指しています。認定プログラムの主要実施機関であるグラナイトリバーラボ(GRL)が、DP 1.4のCTS作成に携わっているのです。

Post tags:

株式会社ニコンイメージングジャパンは、防水・耐衝撃性能を持つコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX W300」を6月30日に発売しました。価格はオープンで、店頭予想価格は税別4万5,000円前後の見込みです。カラーバリエーションはオレンジ、カモフラージュ、イエローの3色となります。グリップ部の凸出量を増すことで、ホールディング性を向上しました。高度や水深などを表示するアクティブガイドを起動できるツールボタンや、低照度環境などで手元を照らせるLEDライトボタンを新規に搭載しています。また、シャッターボタンには傾斜をつけ、操作性を向上させているのが注目できます。撮像素子は1/2.3型有効1,605万画素CMOSセンサーで、レンズは35mm判換算24-120mm相当F2.8-4.9の光学5倍ズームです。マクロモード時の最短撮影距離はレンズ前約1cmとなります。シャッター速度は1/1,500~1秒で、連写性能は約7.5コマ/秒です。動画記録は4K UHD/30pに対応。この他、スーパーラプス動画や動画撮影時のAE固定などに対応しました。背面モニターは3型約92万ドットTFTで、対応記録メディアはSDXC/SDHS/SDメモリーカードです。約473MBの内蔵メモリーも利用できます。バッテリーはEN-EL12で、撮影可能枚数は約280枚となります。また、Wi-Fi/Bluetooth機能を内蔵し、スマートフォン連携機能「SnapBridge」に対応します。

Post tags:

スマホのバッテリーを使用するうえで重要となるのが容量と安全性です。
容量が大きければ大きいほど充電切れになってもすぐに充電できるから安心できます。
容量が大きいモバイルバッテリーはたくさん発売されていますが、その中の一つに「X-DRAGON」から発売されている大容量バッテリーがあります。
このスマホのバッテリーは驚愕の20,000mAhという超が付くほどの大容量バッテリーになっていますので一般的なスマホなら約5回はフル充電することができます。
ですので外出は勿論のこと、1週間くらいまでの旅行でも安心できますね。
また、USBポートが2つ付いていますので友達のスマホも充電してあげることができるでしょう。
さらに急速充電に対応していますので素早く充電できるから良いと思います。
便利な機能としてLEDライトが付いていますので暗い場所でも充電しやすいですし、災害などで電気が使えない状態になったときにも活躍してくれると思います。
それと、本体にはLEDスマートデジタルスクリーンがありますのでバッテリーの残量を一目で確認することができます。
このようなスマホのバッテリーには安全保護機能が搭載されていますので、どこに行く時でも安心して持ち歩くことができるでしょう。

Post tags:

19.07.17

iPhoneの防水防塵機能

POSTED BY: admin

iPhoneシリーズにおいて、常にユーザーの希望する機能として上位にあったのが「防水スマホ」機能です。ついにiPhone7/7 Plusにおいて、公式に耐水性能、そして防沫・耐塵性能が搭載されました。完全防水ではないものの、多少の水は怖くないレベルとなっています。iPhone7/7 Plusにおける防沫・耐水・耐塵性能はIP67という規格です。これは、耐塵においてはもっとも高い等級である「粉塵が内部に侵入しない」という耐塵型、そして耐水面では、0~8等級のうち7等級にあたる、「水中への浸漬に対する保護」という性能で、規定の水圧、時間で水中に浸漬しても、有害な影響を受けない―とされています。iPhone7/7 Plusでは、ヘッドホン端子が廃止され、これまで端子があった箇所はスピーカーとなりました。これによりステレオスピーカーが実現し、従来機種よりも迫力のある、大きな音量で再生できるようになりました。iPhone7/7 Plusで音楽を聞いたり、ハンズフリーで通話する場合は、新たに同梱されるLightning接続タイプの有線イヤホンEarPods、または3.5mmイヤホン端子アダプタを使ってLightning接続する、という選択肢があります。さらに、Appleが同時に発表したワイヤレスイヤホンAirPodsを使うのも良いでしょう。AirPodsは、充電が可能な専用ケースとともに利用し、すべてのApple製端末と簡単に接続できる仕組みになっています。

Post tags:

講談社は、ユーザーが自分でピックアップした電子書籍を販売できる電子書店サービス「じぶん書店」を5月15日に正式にオープンしました。事前に登録した約130の作家・編集者の電子書店に加えて、約4000以上の一般ユーザーによる電子書店がオープンしています。「じぶん書店」の登録や電子書店の開設は無料です。「じぶん書店」では作家や編集者による公式書店がオープンし、5月15日の正式オープン時には、犬飼のの氏「犬飼書店」、片倉真二氏「便所本」、弘兼憲史氏「書店員 島耕作」、松浦だるま氏「松浦だるま書店」、恵三朗氏「さぶろうの好きなマンガならべ」、幸村誠氏「幸村誠書店」などの、作家自らによる書店がオープンしていて、自身の作品に対する推薦コメントも作家ならではのユニークな視点になっているのです。事前登録により、一般ユーザーによる電子書店も約4000書店がオープンします。一般ユーザーは、自分で売りたい電子書籍のタイトルを選んで推薦コメントを記入すれば、電子書店を開設でき、スマートフォンからアクセスして開設できるようになっています。電子書籍が売れると、10%がアフィリエイトコインとしてユーザーに払われ、コインは電子書籍の購入や電子書店の拡張、他サービスのポイントへの交換が行えます。販売の対象になる電子書籍は、講談社の電子書籍、約3万2000点(講談社のほぼすべての電子書籍タイトル)で、今後はほかの出版社の取り扱いも検討されているほか、音楽や動画など他ジャンルの取り扱いも目指すとのことです。

Post tags:

スマホのモバイルバッテリーも持ち歩く人が増えて来ました。
やっぱりスマホを持つ人が多くなっているという事もありそういう方が増えました。
スマホのモバイルバッテリーも薄型がたくさん出てきていますからそんな薄型モバイルバッテリーはどんなものがいいのでしょうか。
日頃使用をしているモバイルバッテリーが良いのはどうかって難しいものですよね。
きちんと良いものを選択できるようにモバイルバッテリーの必要な所をチェックしてみるといいですね。
容量は「5000mAh」があるとおすすめですよ。
容量は「5000mAh」あれば1回か2回の充電が可能となっているので十分です。
急な充電が必要になった場合これぐらいあれば十分だと言えますね。
長時間充電が必要となればまた違いが出てくるのですが、これぐらいあれば大丈夫でしょう。
また、最近では高速充電器なんていうものも出ていますから、モバイルバッテリーも色々と見てみるといいと思います。
よくスマホを使用するなんて方の場合「5000mAh」以上の方がもしかしたらいいかもしれませんね。
日頃スマホをどのように使用をしていくのかで違いも出てくると思います。
そんな自分にあったモバイルバッテリーを見つけたいものですね!

Post tags:

スマホも今はたくさんの種類が出てきていて、どのスマホカメラも性能が良くなっています。
そんなスマホカメラは何が良いのかと分からない方もいます。
スマホカメラはどれが一番良いものなのか見てみました。
スマホカメラで注目されているのは「ファーウェイ Mate S CRR-L09-MC」です。
こちらのスマホカメラはすごいと言われています。
写真を本格的に楽しみたい方におすすめのスマホです。
シャッタースピードも自動で調整ができるようになって、色合いなども綺麗に撮影ができるようになっているのです。
スマホカメラにこだわりたいという方にはおすすめです。
後は「iPhone7 plus 」も注目したいスマホの1つですね。
「iPhone7 plus 」は、望遠レンズと広角レンズがついているため、ズーム撮影だって綺麗にできるようになっています。
今までのスマホカメラはズームをするとぼやけていたりしたのですが、そんな悩みだって解消されるスマホになっています。
もう本当に一眼なんて不要だと思えるようなスマホカメラだと思います。
耐水となっているため、水の心配なく夏の時期などはプールなどの撮影をするのにもいいスマホとなっていますね。

Post tags:

今の時代はスマホカメラを使うのが普通になりました。
どこでも好きな時にスマホカメラを使って好きなものを撮影できるようになっています。
そんなスマホカメラもビジネスで利用されるような事も多くなりました。
スマホカメラもかなり性能がよくなっており、カメラがなくてもスマホカメラで良い写真撮影だって可能になっています。
そんなスマホカメラを使ってビジネスに活用をする時代にもなりました。
スマホカメラの写真をSNSなどでアップをするようになっています。
今ではネットで写真が普通になってきましたね。
そんなスマホカメラを使って良写真を撮影できるようにと頑張っている方もいるでしょう。
スマホカメラも上手に使用ができるようになれば、やっぱりプロのような写真を撮影する事だって可能になります。
なので、しっかりと写真撮影ができるようにと頑張るのもいいかもしれませんね。
スマホカメラの講座なんかもありますからそういうので勉強をするのもいいですね。
そうすればこれからスマホカメラを撮影する幅が広がりそうです。
スマホカメラだって機能をしっかりと使用できていない方もたくさんいます。
スマホカメラにも機能が付いていますからそれを活用して綺麗な写真を撮影してみるのもいいですよ。

Post tags:
Newer Posts »