10.09.20

格安スマホの機種ごとの違い

POSTED BY: admin

“格安スマホは、すべて同じようなスペックを持っていると言われることもありますが、実際はそうではありません。
パーツ別で格安スマホのスペックを比較すると、次のような結果となりました。まず、格安スマホはROMをチェックしておいたほうが良いです。ROMとは、「保存できるデータ量」に影響を及ぼしているパーツで、人気格安スマホのほとんどは「ROMのスペックが高い」特徴があります。
スペックが低い格安スマホでは32GBとなっていますが、高いものでは64GB以上となっています。スマートフォンの動作は、64GBもあればサクサク動作することが多いので、処理が重くなりやすいアプリを動かさないのであれば、ROM64GBのスマートフォンを選ばれると良いでしょう。
また、ROMをチェックする際は「microSDカード」もチェックしておいたほうが良いです。microSDカードは、スロット差し込みによってROMを増量できるカードのことです。こちらが追加可能となっている場合、128GB以上のROMにすることも可能になりますし、格安スマホの中では容量に対してかなり余裕のあるROMに相当します。
ただし、スマートフォンは電話連絡のみで、インターネットをあまり利用しない・・・場合は、ROMに余裕があっても意味がありません。ROMは主に、SNS、写真撮影を通じてデータが蓄積していく流れになっているので、こちらを知っているだけでも、自分に合った格安スマホを選びやすくなります。
そして、次にチェックしておいたほうが良いのは「バッテリー容量」です。バッテリー容量は格安スマホによってかなり異なる特徴があり、バッテリー容量が低いものでは2000mAhほどしかありません。キャリアスマホであれば3000~5000mAhほどあるので、格安スマホは基本的にバッテリー容量に余裕がないのです。
ですが格安スマホの中にも、3000mAhのものはありますので、連続使用時間が長いと感じている場合は、このような格安スマホを購入したほうが良いでしょう。その他のチェックポイントでは、バッテリー容量だけでなく「高速充電」に対応しているかチェックしましょう。
最新の格安スマホほど、こちらの機能を持っていることをアピールしています。というのも、高速充電ありの格安スマホであれば、2時間ほどでほぼすべての充電を終えられるからです。
遅いものでは倍以上の時間を要求されるため、バッテリー容量や機能のチェックは重要です。そして最後に、「RAM」もチェックしましょう。
RAMは、スマートフォンの処理速度を意味します。注意すべきところは、未だに3GB以下のRAMを搭載しているスマートフォンがあることで、3GBを切るとゲームアプリ、動画視聴が上手くいかないこともあるので注意してください。
RAMは4GBもあれば安定するので、特に高い数値を要求する必要はありません。”

Post tags:

“多機能よりもハイスペックを求めている場合は、Google Pixel 3aがオススメです。
Google Pixel 3aは、「サイズが約151.3mmx約70.1mmx約8.2mm」となっているので、スマートフォンのサイズにくせがあるわけではありません。画面サイズは約5.6インチとなっているため、現在販売されているミドルレンジモデルの中では、「ちょっと小さい」と感じるようなサイズです。
ですが、Google Pixel 3aは本体サイズ以外が優秀なため、世界中で売れ続けているSIMフリースマホとして知られています。Google Pixel 3aのスペックですが、「プロセッサがSnapdragonTM 670 2.0 GHz・1.7 GHz 64ビット オクタコア、OS Android 9」となっているので、最新と言えるほどのスペックを誇っているのが、Google Pixel 3a最大の特徴です。
ただし、その他は平均的なスマートフォンと似通っているため、「RAM・ROMが4GB・64GB、メインカメラは1220万画素、フロントカメラは800万画素、バッテリーは3000mAh」となっています。あまりスマートフォンを知らない人にとっては、「ハイスペックスマートフォン」なのかもしれませんが、実際は、平均的なスマートフォンより劣る要素も多いので注意してください。
例えば、HUAWEI製スマートフォンであれば、RAM4GB以上のスマートフォンがあります。また、Google Pixel 3aとコストパフォーマンスを比較しても同程度なので、ひたすらに安くてハイスペックなスマートフォンを求めているのであれば、HUAWEI製を購入したほうが良いでしょう。
ですがGoogle Pixel 3aは、SIMフリースマホでは対応していないことの多い、「防水がiPX5、おサイフケータイ対応」となっているスマートフォンです。このように、最新スマートフォンであれば標準となっているオプションが、Google Pixel 3aでは、SIMフリースマホのまま得られるようになっているので、人によってはコスパ重視スマートフォンとして評価されています。
しかしGoogle Pixel 3aは、前述のとおりで「カメラ性能が良くない」スマートフォンです。これから初めてスマートフォンを持つため、使いやすさ、コストパフォーマンスにこだわっている人であれば、Google Pixel 3aを選ばれても問題ないでしょう。
ですが、世界トップクラスのカメラ性能、ポートレートモードなどを求めていて、カメラ機能(AI機能)なども充実しているスマートフォンを求めている・・・場合は、HUAWEI製、もしくはsamsung製のスマートフォンがオススメです。”

Post tags:

“SHARP AQUOS R5Gは、5G対応だけでなく、スペック・機能ともに刷新されている最新スマートフォンとして人気です。
SHARP AQUOS R5Gのスペックですが、「本体サイズが約162x75x8.9mm、画面サイズは6.5インチ、重量は約189g」となっているので、大きく使いやすいモデルとなっています。SHARP AQUOS R5Gもそうですが、最新スマートフォンのほとんどはコンパクトサイズを売りにしておらず、むしろ大きさを売り込んでいるスマートフォンが増えてきました。
その理由は、ハイスペックを要求されるアプリの台頭です。今では、子どもや大人がスマートフォンを利用する時代となっているのですが、ゲームアプリを楽しむ人が増えてきたため、マシンスペックについて考慮されてから、最新スマートフォンなどを購入する人が増えてきました。
マシンスペックが不足している場合、ゲームアプリをプレイしている途中で動きが遅くなるなど、多くの問題が発生するようになります。また、デスクトップパソコンのように好きなようにカスタマイズすることが難しいため、このような問題が発生した際は、新しいスマートフォンに替えないと意味がないのです。
そのため、SHARP AQUOS R5Gのようなハイエンドモデルの人気が高まってきました。SHARP AQUOS R5Gのスペックですが、「CPUがSnapdragon 865、メモリ・ストレージは12GB・256GB」となっているので、世界レベルで見てもトップクラスの性能を誇るスマートフォンです。
SHARP AQUOS R5Gはカメラ性能についても、「メインカメラが4800万画素:超広角、1220万画素:広角、1220万画素:望遠、ToFカメラ・インカメラは1640万画素」となっています。注目して欲しいのはメインカメラ性能で、最新スマートフォンであっても、3000万画素を切るスマートフォンはあります。
SHARP AQUOS R5Gのその他のスペックでは、「バッテリーが3730mAh」となっているので、長時間でゲームアプリをプレイされたとしても、バッテリーが持たないということはありません。5Gを使っての動画視聴、そして、ゲームアプリも楽しめるスマートフォンを探している場合は、SHARP AQUOS R5Gを選ばれると良いでしょう。
SHARP AQUOS R5Gのその他の特徴としては、「防水機能あり」、「Suicaに対応」、「5G対応」、「10億色のPro IGZOディスプレイ」、「8K画質の撮影が可能」となっているため、他の最新スマートフォンに比べて、ディスプレイが優れていると言えるでしょう。
ただし、SHARP AQUOS R5Gはコストパフォーマンスが良くありません。ハイエンドモデルの中でも高い部類なので、SHARP AQUOS R5Gを購入する際は、コストに見合うものを得られるか検討した上で、SHARP AQUOS R5Gを購入するようにしましょう。”uqmobile

Post tags:

“最近になって5G対応スマホの影響もあり、バッテリー容量を気にする人が増えてきました。
過去に売り出されていたAndroidスマホでは、バッテリー容量が2000mAhでも問題ないとされていたのですが、今では、「3000mAh以上」を求める時代になっているので、バッテリー容量が小さいAndroidスマホは購入しないようにしましょう。
もし購入してしまうと、次のような問題にさらされるリスクが高まります。バッテリー容量は、mAh(ミリアンペアアワー)によって容量が記されているのですが、Androidスマホを1日中使用することが多い人の場合は、3000~4000mAhのAndroidスマホを購入すると良いです。
充電せずに数日ほど使いたい場合は、「5000mAh」のAndroidスマホと相性が良いため、3000mAh以上ならどれでも良いというわけではありません。そして、容量が低いバッテリーの場合は、充電速度が遅い、アプリゲームを楽しむことができないなど、今では、考えられないようなトラブルが起きやすいです。
今では、Androidスマホにセキュリティソフトをインストールする人もいますし、ゲームを楽しみながらSNSを見るような、マルチタスク機能を活かした楽しみ方をされている人が増えてきました。そのため、2000mAhを超える程度のAndroidスマホでは、半日もしないうちに充電を余儀なくされるのです。
しかも、バッテリー容量が少ないAndroidスマホは、「充電端子が古い」可能性もあり、専用の充電機器が無いと充電できない・・・こともあります。他にも、最新のAndroidスマホによく見られる機能が搭載されているかもチェックしてから、Androidスマホを購入するようにしましょう。
有名なものでは、「指紋認証・顔認証システム搭載」のAndroidスマホを購入したほうが良いです。最新スマートフォンでも顔認証システムのみのスマートフォンはあるので、最新のものだから大丈夫・・・というわけではありません。
生体認証システム搭載のAndroidスマホは、「起動時のパスコード入力が必要ない」ため、スマートフォン操作の時短につながります。しかも、本人であれば簡単に画面ロックの解除が可能となっているため、スマートフォンのセキュリティを高める、効率良く使用したい場合にも最適なのです。
他にも、Androidスマホには「防塵・防水機能」が重要となります。良く見かける機能かもしれませんが、防塵なら「IP6X」、防水なら「IPX8」以上となっているかをチェックしてください。
防塵・防水機能をまとめて「IP68」のスペック表記をしている、そんなAndroidスマホもあります。「表記されている数字が大きいものほど良い」ので、6・8という数字にこだわる必要はありません。
高性能なAndroidスマホは、防塵・防水機能に力を入れていることが多く、最近では、スポーツ中に発生する汚れ・衝撃にも耐えられるような、高性能Androidスマホも売られています。”

Post tags:

“今では、Xperiaシリーズ最新機種のXperia 5が人気のため、Xperia 1は影を潜めている状況です。
ですが、今もじわじわと売れているのがXperia 1なのです。というのも、Xperia 1にはXperia 1にしか無い機能が多く、そのため、根強い人気を誇っている背景があります。
そもそもXperia 1は、Xperia XZシリーズ後継機種として販売されています。Xperia 1の1は、「1から生まれ変わった」という意味で名付けられているのですが、その名のとおりで、珍しい機能が多いハイスペックスマートフォンとしても有名です。
例えば、Xperia 1は「21:9のアスペクト比」で構成されているスマートフォンです。当時のスマートフォンは、Xperia 1に比べて大きなものが多かったのですが、Xperia 1が人気になるにつれて、Xperia 1を意識したアスペクト比のスマートフォンが一気に増えました。
補足となりますが、アスペクト比というのは縦・横の長さを比率で表したものです。つまりXperia 1は、アスペクト比のとおりで「細長いハイスペックスマートフォン」として誕生しました。
Xperia 1の特徴はこれだけではなく、他にも「平行作業が可能になるマルチウィンドウ、Xperiaシリーズ初トリプルレンズ搭載」となっておりますので、当時のスマートフォンにしては珍しく、最新の機能が数多く搭載されている機種だったのです。その他では、「シネマプロ」と呼ばれるXperiaで映画視聴が可能となる機能もありました。
そんなXperia 1の基本スペックですが、「本体サイズは約167mm、約72mm、約8.2mm、画面サイズは約6.5インチ、重量約178g」となっており、当時では珍しかったコンパクトで軽量なスマートフォンを実現しています。しかもXperia 1はCPUなどの性能も良く、「CPUはQualcomm Snapdragon 855、RAM・ROMはRAM6GB、ROM64GB」となっておりますので、マルチタスクにも耐えられるハイスペックスマートフォンでした。
その他のスペックでは、「バッテリーは約3200mAh」となっておりますので、当時のスマートフォンでは考えられないような大容量バッテリーを搭載しています。カメラ性能も悪くなく、「アウトカメラはトリプルカメラ、標準は約1220万画素、望遠は約1220万画素、超広角でも約1220万画素、インカメラは約800万画素」という、当時では最高のスペックを誇るスマートフォンだったのです。
カメラに搭載されている機能も素晴らしく、Xperia 1には「瞳AF(ひとみオートフォーカス)」が搭載されていました。こちらの機能は、写真撮影に慣れていないユーザーでも、瞳AFを通じて、被写体の瞳にピントを合わせることが可能になるすぐれものです。
そのためXperia 1は、「人物写真に特化していると感じるほど綺麗に撮れる」ということで、一躍有名になりました。”

Post tags:

“Wiko g08は、「DSDS」と呼ばれるSIMカードの2枚挿入に対応しているスマートフォンです。
しかも今では、型落ちスマートフォンとしても有名で、安く買えるスマートフォンの1つとされています。Wiko g08は、コンパクトサイズながらに機能が多く、例えば、4G、3G回線を同時に利用可能となっているので、無駄なくスマートフォンを利用することが可能です。
さらにWiko g08は、120度の範囲を撮影できるようになっています。具体的には、Wiko g08に搭載されているデュアルカメラを活用することによって、自撮りもしやすいスマートフォンとなっているのです。
Wiko g08は、「HDR機能搭載」のためハイコントラストの自動調整機能もある、ユーモアなスマートフォンとして知られています。カラーも、「ブラック、ゴールド、ディープ・ブリーン、チェリー・レッド」の4色がラインナップとなっています。”

Post tags:

“スマートフォンというと、最新モデルをチェックする人が多いと思われがちですが、最近では、型落ちスマートフォンをチェックする人が増えてきました。
その理由ですが、最新モデルの多くで「価格が高騰している」ためです。昔であれば、ハイスペックモデルのスマートフォンでも、10万円前後となっていました。ですが今では、10~14万円で取引されていて、中古市場であってもほとんど価格が下がっていません。
最新モデルの1年分型落ちスマートフォンでも、価格が高騰している事実があり、高いものでは11万円を超えるのです。そのため、目立って価格が下がっている型落ちスマートフォンを購入する人が増えてきました。
例えば、現在のモデル並みのスペックを誇るスマートフォンの中には、14年製のスマートフォンがあります。古いスマートフォンはスペックが低いのではなく、基本的に多機能化されていないだけです。
ただし、新品のスマートフォンが手に入るわけではないので、型落ちスマートフォンを購入する際は、こちらを了承した上で購入するようにしましょう。”スマホ カメラ 比較

Post tags:

“MAYA SYSTEM jetfon G1701は、「DSDS」と呼ばれる2枚のSIMを同時に使える機能が搭載されています。
DSDSの素晴らしいところは、カード不要で通信できる「クラウドSIMテクノロジー」が搭載されているところでしょう。今では、スマートフォンの最新モデルに搭載されていることが多い機能ですが、MAYA SYSTEM jetfon G1701は格安スマホとして販売されているにも関わらず、DSDS搭載となっているのです。
しかもMAYA SYSTEM jetfon G1701は、専用のアプリが内蔵されているため、海外の通信プランを購入できるようになっています。そのためMAYA SYSTEM jetfon G1701は、100以上の国、地域でSIMカードが不要となるのです。
国によってSIMカードの対処を取らずに済むのは、国際社会が広まっている現代では嬉しい機能と言えるでしょう。”

Post tags:

“スマートフォンというと、最新モデルをチェックする人が多いと思われがちですが、最近では、型落ちスマートフォンをチェックする人が増えてきました。
その理由ですが、最新モデルの多くで「価格が高騰している」ためです。昔であれば、ハイスペックモデルのスマートフォンでも、10万円前後となっていました。ですが今では、10~14万円で取引されていて、中古市場であってもほとんど価格が下がっていません。
最新モデルの1年分型落ちスマートフォンでも、価格が高騰している事実があり、高いものでは11万円を超えるのです。そのため、目立って価格が下がっている型落ちスマートフォンを購入する人が増えてきました。
例えば、現在のモデル並みのスペックを誇るスマートフォンの中には、14年製のスマートフォンがあります。古いスマートフォンはスペックが低いのではなく、基本的に多機能化されていないだけです。
ただし、新品のスマートフォンが手に入るわけではないので、型落ちスマートフォンを購入する際は、こちらを了承した上で購入するようにしましょう。”

Post tags:

“最近になって、スマートフォンでもマルチタスク機能という名称を、良く目や耳にするようになってきました。
マルチタスク機能とは、現在利用しているアプリケーションを利用しながら、他の作業も行えるようにする機能です。従来のスマートフォンでは、マルチタスク機能と同様の作業を行おうとすると、「アプリケーションエラーが発生する」こともあり、その際に、利用していた画面の情報が消えてしまうこともあります。
仕事でスマートフォンを使用されている場合、Xperia 1のようなマルチタスク機能に適したマルチウィンドウが無いと、仕事そのものが進まなくなることもあるでしょう。つまりXperia 1のマルチウィンドウは、平行作業が捗るように工夫されているのです。
しかもXperia 1は、画面のアスペクト比が「21:9」となっているため、マルチタスク機能、マルチウィンドウについても、他のスマートフォンより使いやすいと感じます。”

Post tags:
« Older PostsNewer Posts »