ソニーモバイルがMWC 2017で発表したXperiaシリーズの最新モデル「Xperia XZ Premium」と「Xperia XZs」。両モデルの前機種からの最大のアップデートポイントは“Motion Eye”と呼ばれる新型センサーを搭載したカメラ機能です。搭載されるセンサーは「Exmor RS for Mobile」の最新版で、DRAMを積層した3層構造CMOSイメージセンサーです。これまでのCMOSセンサーは回路の上に画素が乗っている構造でしたが、今回の新センサーは画素と回路の間にDRAMを挟んだサンドイッチ構造になっています。これによって、画素が取り込んだデータをセンサー上にバッファーして、アプリケーションプロセッサー(APU)に送ることができます。解像度は約1900万画素。前モデルの「Xperia XZ」が約2300万画素なので劣っているような感じはしますが、これは画素ピッチを拡大したことによるものです。その結果、より明暗の差を出せるようになっており、夜景などでもクッキリとした写真に仕上げられます。Xperiaのカメラ機能というと、モデルチェンジごとに「高画質化」などを謳ってきましたが、ここ最近は進化が細かすぎて実感として伝わりにくかった印象があります。さらに画素数による高画質化に注力していて、「ライバルはデジカメ」というような感じがします。今回のXperia XZ PremiumとXperia XZsが搭載した“Motion Eye”は、デジカメでは撮影できないような「楽しい撮影」ができるようになっています。単純にキレイな写真を撮りたいなら高級なデジカメを買えば良いわけで、スマホならスマホでしか撮れない、スマホならではの写真を撮って楽しみたいものです。

Post tags:

ドコモのスマホには様々な種類がありますが、その中の一つに「V20 PRO L-01J」というスマホがあります。
このスマホはドコモのおすすめスマホとして注目されており、様々な特徴があります。
その特徴とは搭載されているカメラや音質にあります。
カメラは約510万画素のインカメラとアウトカメラはデュアルカメラが搭載されています。
アウトカメラは約1620万画素と約820万画素のデュアルカメラとなっており、様々なアングルでの撮影が可能になります。
また、インカメラは120度まで撮影できる広角インカメラを搭載していますので、大人数での撮影や自撮りが簡単にできます。
それに、レーザーオートフォーカスやデュアルフラッシュ、手ぶれ補正やマニュアルモードなども付いていますので、誰でも美しい写真を簡単に撮影して楽しむことができるでしょう。
音質は「Quad-DAC」という機能を搭載していますので、最高クラスの音質で音楽を楽しむことができます。
また、どんなイヤホンでも原音に近い音を再現できるのも良いと思います。
この他には約5.2インチの大型ディスプレイを搭載していることや2,900mAhの大容量バッテリーを採用していることなどが特徴となります。
こうしたドコモのおすすめスマホは1度で良いから使用してみたくなりますね。

Post tags:

16.04.17

auのスマホがお得も持てます!

POSTED BY: admin

auスマホも色々なプランが登場してきましたね。
そんなプランなのですが、「auスマホはじめるプログラム」が注目されています。
「auスマホはじめるプログラム」では、なんと月額2980円でスマホが利用できるようになっています。
月額2980円の料金の中には、5分間までであれば無料通話ができるものとなっています。
1GBのデータ量も付いているようになります。
これからスマホを始めてみようという方にぴったりのプランだなといった感じですね。
スマホも持つことで料金を負担に感じたりしますよね。
しかし、こういった料金プランを見るとちょっとスマホを持ってみようという気になります。
auスマホでは、割引の期間が最大で3年も利用ができるようなっています。
大体が今まではサービスの割引は2年でなくなっていたりしていましたね。
でも、それこが変わっていてお得に使用ができるようになっているようですよ。
最近では学割なんかもスタートした事から、学生の方だってスマホを持つ機会が増えてきています。
これから本当にスマホを持つ方は増えるいっぽうなのかなと感じていますよ。
長期の割引が利用できるのもいいチャンスかもしれませんね!

Post tags:

安価に購入できるのが最大のメリットと言えます。タッチペン全般に言えることなのですが「画面を指紋で汚したくない」「手袋をはめたまま操作がしたい」ぐらいの目的ならコレで必要十分なのです。このタイプのデメリットは「ゴムが劣化・破損しやすい」のと「文字を書く・ピンポイントでタッチするなど細かい作業には向いていない」といったところです。安価なので買い替えは簡単なのですが、細かい作業については、ペン先のゴムがある程度の大きさがないと反応が悪くなるので、これはやむを得ないところでしょう。手早くササッっと書こうと思うと線が途切れがちになります。画面に当たる面積を意識してある程度押し付ける様にしないといけません。ただし、そうなるとゴム製であるため、滑り具合が気になってしまいます。このタイプは中が空洞のため押した時潰れてしまうのですが、このように頻繁に変形してしまうところが耐久性の問題に繋がっています。このタイプは100均などでも売られていますから、調子が悪くなったら使い捨てみたいな使い方もできるのがメリットといえます。それでも、やはり使い慣れたものがよければそれなりの値段のものを使いたくなりますね。安価なのがメリットなので、機能的にはそれほど期待しないほうがいいかもしれません。

Post tags:

基本動作性能はミドルスペックです。SoCにはQualcomm社のSnapdragon410、メモリは2GB、5型のHD(1280×720)液晶を搭載していて、バランスは非常によくまとまっています。メインカメラが1,300万画素、インカメラは自撮りトレンドの500万画素カメラを搭載し、2015年のスマートフォンとしては標準的ですが不足する事は無いでしょう。最新のAndroid 6.0 Marshmallowは現在Googleスマホの「Nexus」シリーズで先行的にアップデートされていますが、Moto Gも2016年1月にAndroid 6.0 Marshmallowにアップデートしました。出荷時はAndroid5.1.1ですので、OSのアップデート前と後の違いを実感できるでしょう。OSのアップデートでは様々な機能追加や改善などが盛り込まれるので、ソフト面でもなかなか楽しめます。ディスプレイに5インチのHD液晶を搭載し、最大32GBまでのmicroSDHCに対応しています。背面の形状がラウンドフォルムとなっていて、5インチサイズのスマートフォンでも持ちやすい工夫がされています。SIMカードサイズはmicroSIMで、LTE対応SIMスロットが2つあり、防水性能はIPX7となっています。機能は多くありませんが、その代わりに最新のAndroidOSのAndroid 6.0 Marshmallowに対応していて、シンプルで軽快な動作が可能です。無駄な機能を省きたい人におすすめの防水スマホです。

Post tags:

NTTドコモは、超広角撮影に対応したデュアルカメラやハイレゾ対応DACを搭載したLG Electronics製のスマートフォン「V20 PRO L-01J」を2017年2月に発売します。価格は一括価格が8万4000円程度で、実質価格はMNP時に2万円台半ば、機種変更時に4万円程度となる見込みです。用途としては主にビジネス向けとなるスマホです。「V20 PRO L-01J」は、広角撮影に対応したデュアルカメラやハイレゾ対応DACの搭載が特徴のスマートフォンで、今冬のラインナップではもっともハイスペックなモデルのひとつとなり、Android 7.0を搭載して発売されます。グローバルで発表済みのLG V20をベースモデルとしますが、ディスプレイサイズが異なるなど、細かい仕様は日本独自となっています。各仕様はauから発売される「isai Beat LGV34」に近いということです。デュアルカメラは、F1.8の1620万画素カメラと、超広角135度でF2.4の820万画素カメラの2つを搭載。用途に応じてカメラを切り替えて使い分ける。インカメラも120度まで撮影できる広角仕様の500万画素カメラとなっています。カメラアプリはマニュアル撮影機能が充実していて、ホワイトバランスやフォーカス、シャッタースピード、ISO感度などを手動で調整可能で、三脚などで固定すればスローシャッターでの撮影もできます。動画撮影時もマニュアル撮影が可能で、動画も電子手ぶれ補正をサポートしています。

Post tags:

ドコモスマホでは、スマホ料金の1000円の値下げを発表したようです。
こちらの値下げは60歳以上が対象になっているのですが、携帯を持っている方がスマホへ使いやすいようにと始めたサービスのようです。
今では、年配の方でもスマホを持つようになってきています。
年配の方も月額負担になるような事を考えると、こういった割引が嬉しいですね。
スマホも、使用すれば月額負担がかかってきてしまいます。
なので、割引が少しでもあれば、スマホを使用しやすくなってきます。
ドコモは少し料金が私の中で高いようなイメージがあるのですが、1000円もの割引が受けれるようになれればすごいですね。
今は、年齢が高くても使えるようなスマホが続々登場してきています。
なので、これをきっかけにスマホに切り替えてみるのもいいかもしれません。
スマホを持つことでやっぱり便利に使えるものなどはたくさんあります。
遠くに住む家族なんかとも連絡だって取りやすくなってきますから、年配の方にもたくさん使用をしてもらいたいです。
災害なんかの時も、やっぱりスマホがあれば助かるようなこともたくさんありますよ。
これからおじいちゃんおばあちゃんがスマホをどんどん持つ時代になりそうですね。

Post tags:

15.02.17

発火事故が大きな原因?

POSTED BY: admin

「アップルが昨年第4四半期の世界のスマートフォン販売台数でサムスン電子を抜いた。」という記事が出ていました。その原因はやはりギャラクシーノート7の発火事故でしょうかね。

昨年の第4四半期におけるサムスンのスマホ販売は7,750万台で市場でのシェアは17.7%とのこと。そしてアップルの販売は7,830万台でシェアが17.8%。80万台の差でパーセンテージで言えばわずか0.01%ですからね。それでもアップルは嬉しかったでしょうね。

スマホ 電池が年々小型化され、しかも容量は増える一方。この矛盾によって各メーカーはしのぎを削り、技術を上げてきたのでしょうが、それが事故につながっては信用度も下がってしまいますよね。現在、日本ではギャラクシーノート7は販売されていませんし、そのあとの機種についてもあまり聞こえてきません。大手キャリアに行っても目立つのはiPhone。

サムスンは今後さらに質の良いスマホが求められるはずで、逆にこれを契機に他には無いような素晴らしいスマホやバッテリーを作ってくれると良いですよね。

Post tags:

スタイラスペンを使うと、紙とペンに近い操作感が得られます。タッチパネルに指で長時間、細かい文字やイラストを描くのはストレスですが、そこから解放されるのです。ペンを使う用途は人によって様々だと思いますが、大きく分けると「簡単なメモ書き」「ビジネス文書へのメモ書き」「クリエイティブ用途」の3つに集約できるのではないでしょうか。スマホやタブレットでもよく見られるのが、ちょっとしたメモの手書きです。もちろんタッチパネルのPCでも手書きでメモできるのですが、現状は手書きメモアプリが豊富で起動も速いiPadやAndroidタブレットのほうが、より実用的と言えるのです。Windowsパソコンは、ビジネス用途で使うユーザーが多いですが、スタイラスペンの活用にはどのようなものがあるでしょうか。まず考えられるのは、Webページのクリッピングでのメモ書きです。Windowsの新ブラウザ「Microsoft Edge」には、Webページに直接手書きでメモを書いて保存する機能が搭載されているのです。メモを加えた画像は、メールその他で共有することも可能となっています。また、Windowsでは手書きのノートアプリ「OneNote」もインストールされています。さらに専用アプリをインストールすれば、「OneNote」以外のOfficeドキュメントやPDFにも手書きでメモが加えられるのです。

Post tags:

オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、「CES 2017」において、現在開発中のハイレゾ音源の再生機能に特化したAndroidスマートフォンを参考出展しました。参考出展されたスマートフォンは、商品化の具体的な予定が決まっていないもので、オンキヨーブランドの「HI-RES SMARTPHONE」という仮称で紹介されていたのです。高級イヤホン/ヘッドホンでハイレゾ音源を楽しむオーディオファン向けの製品で、従来はスマートフォンのほかにハイレゾプレーヤーとポータブルアンプを持ち歩いていたところを、このスマートフォンならば1台にまとめられる、ということをひとつのメリットとしています。音響面ではオンキヨーのオーディオ機器設計のノウハウを活用していて、オーディオ専用デバイスと同等の部材が使われているのはもちろん、内部基板の配線まで、高音質化のために設計されています。開発にあたってはスマートフォン開発に実績のある富士通コネクテッドテクノロジーと協力しているとのことです。DAC(デジタル・アナログ・コンバーター)はESS Sabre ES9018K2M、アンプは9601Kを搭載し、デュアル構成によりイヤホンのバランス駆動にも対応しています。ハイレゾ再生にも対応するオンキヨー独自の音楽アプリを搭載し、こちらで再生する場合、11.2MHzのDSDフォーマットや24ビットの出力にも対応しています。DSDフォーマットについてはアプリ側ではデコードせず、DACでデコードして再生されます。

Post tags:
« Older PostsNewer Posts »