13.01.18

「DOOGEE Y6C」のスペック

POSTED BY: admin

シャープ製の高解像度IPS液晶ディスプレイを搭載していて、更にはソニー製の高性能カメラを採用しているスマホが「DOOGEE Y6C」です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約77ミリ、高さ約154ミリ、厚さ約8.5ミリ、重さ約196gになっていて、カラーバリエーションはブラック、ブルー、ゴールド、シルバーの4色が用意されています。
デザイン的特徴は曲面カーブデザインやユニボディ構造になっていることです。
また、アルミニウムのメタル素材を採用していますので、手触りの良さと握りやすさを実現させています。
ディスプレイはシャープ製の約5.5インチ高解像度IPS液晶ディスプレイで、液晶表面には2.5D曲面ガラスが採用されています。
CPUはMediaTek MTK6737クアッドコア1.3GHzを搭載していてRAMが2GBになっており、バッテリーは3,200mAh大容量バッテリーを搭載しています。
カメラは約800万画素のメインカメラとサブカメラを採用しており、素早く撮影できるソニー製の像面位相差オートフォーカスが付いています。

Post tags:

24.12.17

「Nokia 8」のスペック

POSTED BY: admin

高品質な写真が撮影できる高性能カメラを搭載しているスマホが「Nokia 8」です。
ハイスペックスマホというだけのことはあって誰でも簡単に美しい写真が撮れるようになっています。
背面のカメラは1,300万画素デュアルカメラでライカと同じくらいの画質で撮影できるレンズを搭載しています。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約73ミリ、高さ約151ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さ約160gになっています。
CPUはクアルコムの最先端高性能CPUスナップドラゴン835オタクコアを搭載しています。
ディスプレイはゴリラガラスを採用した約5.3インチ高解像度IPS液晶ディスプレイを搭載しており、鮮やかで美しい2Kレベルで様々なことを楽しむことができます。
バッテリーは3,090mAh大容量バッテリーを搭載しています。
カメラは約1,300万画素デュアルカメラを背面に、約1,300万画素のフロントカメラを搭載していて、デュアルトーンLEDフラッシュやタッチフォーカス、顔認識やパノラマなどの機能が付いています。

Post tags:

16.12.17

「DIGNO G」のスペック

POSTED BY: admin

誰でも使いやすくて価格が抑えてあるスマホは「DIGNO G」です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約72ミリ、高さ約143ミリ、厚さ約10.6ミリ、重さ約142gになっており、バッテリーは2,300mAhを搭載しています。
カラーバリエーションはホワイト、ブラック、レッドのシンプルな3色が用意されています。
CPUはクアルコムのMSM8917 1.4GHz(クアッドコア)で内蔵メモリは2GBですので低スペックとなります。
カメラは約1,300万画素のアウトカメラと約200万画素のインカメラを搭載しており、アウトカメラにはHDR機能が付いていますので綺麗な写真が簡単に撮影できます。
安心機能にはお風呂でも安心して使える防水機能や、チリやホコリなどで汚れても安心な防塵機能が付いています。
また、傷に強い強化ガラスやディスプレイへの直撃を防ぐフチを立てた設計になっています。
デザイン的特徴は丸みを帯びた握りやすいデザインになっています。
ディスプレイは約5インチのTFT液晶で解像度がHD(1280×720ドット)となります。

Post tags:

15.12.17

「Moto Z Play」のスペック

POSTED BY: admin

スペックを見たら使いたくなるスマホはたくさんありますが、その中でも特に使ってみたくなるハイスペックスマホが「Moto Z Play」です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約76ミリ、高さ約156ミリ、厚さ約6.9ミリ、重さ約165gになっており、ディスプレイは約5.5インチのSuper AMOLED 1080p HD (1080 x 1920)が搭載されています。
CPUはクアルコムの高性能CPUスナップドラゴン625オタクコア2.0GHzが搭載されていますし、メモリが3GBになっていますので処理速度が低下することなく複数の操作が可能になります。
バッテリーは最長45時間駆動の3,510mAh大容量バッテリーを搭載しています。
また、わずか15分の充電で最長8時間の使用が可能な「TurboPower」が付いていますので安心で便利です。
カラーバリエーションはシンプルなブラックとホワイトが用意されています。
カメラは高性能な16メガピクセルのデュアルオートフォーカスカメラを搭載していますので、いつでもどこでも鮮明な写真を撮影することができます。

Post tags:

09.12.17

「androidOne S2」のスペック

POSTED BY: admin

様々なシーンで安心して使用できるスマホに「androidOne S2」という人気スマホがあります。
落下試験をクリアしているから耐衝撃性が高く、強化ガラスとディスプレイを守るフチがついています。
また、防水機能や防塵機能が付いていますし、画面や手が濡れていても操作できるタッチパネルを採用しています。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約72ミリ、高さ約143ミリ、厚さ約10.6ミリ、重さ約142gになっており、CPUはクアルコムのMSM8917 1.4GHzクアッドコアを搭載しています。
ディスプレイは約5インチTFT液晶を採用しており、カメラは約1,300万画素のメインカメラと約200万画素のサブカメラが搭載されています。
メインカメラではHDR撮影が可能になっていますのでクッキリな美しい写真が撮れますし、ピント合わせが速い像面位相差オートフォーカスを採用していますので大事な一瞬を撮り逃さないでしょう。
バッテリー容量は安心の2,300mAhになっています。
カラーバリエーションはホワイト、レッド、ネイビーの3色が用意されています。

Post tags:

14.11.17

「STAR WARS mobile」のスペック

POSTED BY: admin

スターウォーズが好きな人なら欲しくなるスマホが「STAR WARS mobile」です。
スターウォーズのロゴが入ってますし、様々な壁紙がありますので、それだけでワクワクするかもしれません。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約73ミリ、高さ約149ミリ、厚さ約7.6ミリ、重さ約155gとなっており、ディスプレイは約5.3インチのIGZO液晶を搭載しています。
カメラは約2,260万画素のメインカメラと約500万画素のサブカメラを搭載していますので、高画質な写真を簡単に撮影することができるでしょう。
CPUはクアルコムのMSM8996 2.2GHz+1.6GHz(クアッドコア)という高性能CPUを搭載しており、RAMは3GBですので動作が遅くなるアプリや動画閲覧などでも快適に楽しむことができます。
セキュリティでは顔認証機能が付いていますので安全で安心ですし、水回りでの使用でも安心な防水機能も付いています。
デザイン的特徴は見る角度によって色が変わる偏光パネルを背面に採用していることです。
カラーバリエーションはダークサイドとライトサイドの2色が用意されています。

Post tags:

06.11.17

「DIGNO G」のスペック

POSTED BY: admin

誰でも使いやすくて価格が抑えてあるスマホは「DIGNO G」です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約72ミリ、高さ約143ミリ、厚さ約10.6ミリ、重さ約142gになっており、バッテリーは2,300mAhを搭載しています。
カラーバリエーションはホワイト、ブラック、レッドのシンプルな3色が用意されています。
CPUはクアルコムのMSM8917 1.4GHz(クアッドコア)で内蔵メモリは2GBですので低スペックとなります。
カメラは約1,300万画素のアウトカメラと約200万画素のインカメラを搭載しており、アウトカメラにはHDR機能が付いていますので綺麗な写真が簡単に撮影できます。
安心機能にはお風呂でも安心して使える防水機能や、チリやホコリなどで汚れても安心な防塵機能が付いています。
また、傷に強い強化ガラスやディスプレイへの直撃を防ぐフチを立てた設計になっています。
デザイン的特徴は丸みを帯びた握りやすいデザインになっています。
ディスプレイは約5インチのTFT液晶で解像度がHD(1280×720ドット)となります。

Post tags:

30.10.17

「androidOne S2」のスペック

POSTED BY: admin

様々なシーンで安心して使用できるスマホに「androidOne S2」という人気スマホがあります。
落下試験をクリアしているから耐衝撃性が高く、強化ガラスとディスプレイを守るフチがついています。
また、防水機能や防塵機能が付いていますし、画面や手が濡れていても操作できるタッチパネルを採用しています。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約72ミリ、高さ約143ミリ、厚さ約10.6ミリ、重さ約142gになっており、CPUはクアルコムのMSM8917 1.4GHzクアッドコアを搭載しています。
ディスプレイは約5インチTFT液晶を採用しており、カメラは約1,300万画素のメインカメラと約200万画素のサブカメラが搭載されています。
メインカメラではHDR撮影が可能になっていますのでクッキリな美しい写真が撮れますし、ピント合わせが速い像面位相差オートフォーカスを採用していますので大事な一瞬を撮り逃さないでしょう。
バッテリー容量は安心の2,300mAhになっています。
カラーバリエーションはホワイト、レッド、ネイビーの3色が用意されています。

Post tags:

スマホを使用している人でセキュリティ対策を行っていない人はいませんか?
ウィルス感染してからでは手遅れになりますし、盗難被害に遭って多額の被害を受ける可能性もありますので、今すぐにでもセキュリティ対策を行ってください。
そのセキュリティ対策で今すぐ簡単にできるのはSIMカードロックです。
SIMカードロックとは使用しているスマホに差し込まれているSIMカードの情報を守ることができます。
方法は設定のユーザー設定からセキュリティにいき、SIMカードロック設定をタップして設定するだけです。
こうしたセキュリティ対策を行うと個人情報を他人に悪用されることを防ぐことができます。
それと、SIMカードは取り出して他のスマホに入れ替えるだけでインターネットに接続できてしまいます。
ですので、紛失や盗難でSIMカードを差し替えられて悪用されるから利用してみてください。
これだけでもセキュリティ対策になりますので、何も対策を行っていない人は試してみると良いでしょう。

Post tags:

ソシオネクストは、イメージシグナルプロセッサー「Milbeaut」シリーズを活用した 360度全天球カメラ向けソリューションの提供を開始しました。4K画像のリアルタイムスティッチングが可能な高性能プロセッサー「SC2000」をベースにしたプロシューマー向けと、IoTカメラ用の「MBG967」をベースしたコンシューマ向けの2種類をラインナップします。SC2000は、高速なデータ処理が要求される高性能カメラをターゲットに開発したプロセッサーで、ソシオネクスト独自のアルゴリズムによりTypical動作時で2W以下という低消費電力を実現しています。最大4つのカメラを接続可能で、それぞれの動画をリアルタイムでつなぎあわせて合成するスティッチング処理により、最大4K/30fps出力に対応します。SC2000をベースに構成した360度全天球カメラは、ハイエンドのアクションカメラやドローン、ビデオ会議システムや劇場・スポーツ観戦などで全天球映像を提供するということです。コンシューマー向けのMBG967は、VR(バーチャルリアリティー)映像のストリーミングなど、360 度映像をモバイル環境でリアルタイムに撮影するニーズを想定しています。CypressとImmerVisionと協力し、スマートフォンなどの携帯機器に接続して利用するアタッチメントカメラを実現します。

Post tags:
« Older PostsNewer Posts »