株式会社日立製作所は11日、個々人に合わせた働き方改革を支援するクラウドサービス「ハピネスプラネット(ベータ版)」を開発したと発表しました。このサービスでは、まず、スマートフォンのアプリケーション上で、働く人が自身の個性や状況に合わせた働き方の目標(働き方チャレンジ)を毎朝登録するというものです。アプリ上には、100個異常の目標が選択肢として提示され、その中から自らが目標を選ぶことによって、その日の業務に対して主体的に取り組めるようにするということです。また、スマートフォンの加速度センサーの情報から、その効果を組織活性度としてフィードバックする仕組みにより、日ごとの働き方チャレンジの効果を定量的に把握できるとのことです。このサービスの公開実証実験として、2018年8月~9月にオープンな競技会「ハピネスプラネット/働き方フェス」を開催します。ハピネス度を指標としてほかの参加チームと競うことで、個々人がより積極的に働き方改革に取り組み、職場の活性度向上に貢献できるとしています。
リモートサポートとは

Post tags:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする