自宅に荷物を届けてくれる宅配便は便利です。近頃はネットで買い物をする人が多くなってきたので、宅配ドライバー不足や段ボールごみ増加など様々な問題が浮き彫りになってきています。そこで今回は、問題解決のために考えられた新しい宅配サービスについて見ていきましょう。9月26日に放送された「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京系)では、ネスレ日本と佐川急便が共同で開始する宅配サービス「マチエコ便」を特集していました。「マチエコ便」とは、地域の活性化を目指すサービスです。どんな仕組みかというと、まず佐川急便が“エコハブ”と呼ばれるサービス拠点まで商品を運搬します。注文した人はエコハブの人に家まで運んでもらうか、直接取りに行くかを選択します。また取りに行く場合は、商品代金から5%の割り引きを受けられる特典もあるのです。ちなみにエコハブは、ネスレと契約した個人宅や商店主です。サービス拠点を担うことでネスレ側からは手数料が支払われます。近所づきあいの延長線にあるような宅配サービスなので、地域コミュニティにも良い影響を与えてくれるかもしれません。web会議 システム

Post tags:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする